諦めないで!抗うつ剤を使いましょう

日本国内では特許で守られるので後発薬となるジェネリック薬の販売が認められる特許取得後20年から25年後まではほぼ完全に独占市場となり、競争機能が働きません。その典型的なものが医薬品です。

 

許認可の必要な商品は基本的に独占市場となり、自由競争が機能しないため価格が高どまりするという傾向があります。海外では更に早急に後発薬であるジェネリック薬の販売が許可されるので、日本国内では購入できないけれど海外の薬局ではジェネリック薬が、ほぼ同じ効能の薬と比べて半額以下で購入できるケースが無数のです。

 

製薬会社が自社開発する薬は臨床試験を重ねて政府から承認を取る必要があるため、開発コストが非常に大きな商品です。場合によっては日本で購入する価格と比べると海外で発売済のジェネリック薬が90パーセント引きの金額で購入できるものもあり、海外からの送料を負担しても圧倒的に海外の薬局から購入する方が割安という状況が生まれています。