諦めないで!抗うつ剤を使いましょう

抗うつ剤の効果が現われる、つまり、病的になった脳内の神経生理学的な環境をある程度、正常化するまでには、さまざまな要因が関与してきます。その時点では自覚症状がないだけで、脳内はまだまだ完全に正常化していません。

 

抗うつ剤に対して、落ち込んだ気持ちを高める、カンフル剤的なイメージがもしあれば、それは大きな誤解です。再発の確率は過去の再発数が多ければ、それに応じて高くなります。

 

また、抗うつ剤は問題となっていた症状が無くなったあとも、ある程度の期間、服用を続ける必要があります。もし抗うつ剤の服用がなくなれば、うつ病が再発しやすくなってしまうからです。

 

それは数日、数週間ではなく一般に数カ月、あるいはそれ以上になります。もし過去に再発が何回かあった場合、うつの症状が新規出た場合と比べて相対的にかなり長期間の服用が一般に必要になってきます。

 

治療薬の種類や個人個人の健康状態などから、効果の発現まで1〜2週かかる場合もあれば、数週間かかる場合もあるなど、抗うつ剤は飲んですぐ効果が出るものではない事は是非知っておきたいことです。